飛行機

福岡空港からの出発経路をマスターしよう!~飛行機のルートは予め決まっています~

こんにちは。ころすけです。

飛行機に乗る時、目的地までどのようなルートで飛んでいくのか気になりますよね?

国内であれば日本海側を飛んでいくのか、それとも太平洋側を飛んでいくのか。

実は飛行機が飛ぶルートは大体いつも決まっていて、出発してすぐどちらの方向に向かうのかでほとんど決まっていると言っても良いぐらいです。

今回は九州地方の拠点空港であり、国内で4番目に多い離着陸回数を誇る福岡空港について、各目的地別の出発経路を見ていきたいと思います。

福岡空港からの出発機に対する管制機関指定の経路

エアラインの飛行機が運航する際、航空会社は管制機関に対して飛行計画(フライトプラン)を提出しなければなりません。

このフライトプランの項目の1つに飛行経路が含まれるのですが、エアラインの定期便が就航するような大きな空港では、管制が複雑になりすぎないよう予め指定のルートが周知されています。

下の画像は管制機関から指定されるルートを周知した文書の例です。

福岡空港からの出発経路指定

これを見ると、福岡空港からの出発については北方へ向かう場合(For Hokkaido/Tohoku/Hokuriku)、東に向かう場合(For East/RJAA(成田)/RJTT(羽田)/RJGG(中部))、南へ向かう場合(For South)、西へ向かう場合(For West)、そして韓国方面へ向かう場合(For Korea)についてそれぞれ出発経路の指定があります。

例えば北方へ向かう場合は

RJFF(福岡) → MARCO → Y45 → MIHOU

RJFF(福岡) → MARCO → Y141 → SAMON

というような経路が指定されています。

目的地の空港によってどちらの経路になるかは異なりますが、MIHOU(米子空港上空)もSAMON(鳥取県沖上空)もどちらも日本海側にあるポイント(ウェイポイント)です。

なのでこれを見れば、「福岡空港から北海道、東北、北陸方面へ向かう場合はどちらにしても日本海側に出てから北上するんだな」と分かるわけです。

ちなみにエアラインのフライトであれば、複数ある経路のうち「for RNAV1」と書かれている経路が優先して使用されます。

福岡空港からの出発ルートを目的地別に整理してみよう

それではここからは、福岡空港を出発した飛行機が具体的にどのようなルートを辿るのかを方面別に見ていきたいと思います。

①北海道、東北、北陸方面へはYOKAT DEPARTUREからMARCO TRANSITION経由

まず北海道、東北、北陸の北方へ向かう出発経路にはYOKAT DEPARTUREから山口県岩国市のMARCOというウェイポイントに向かうルートが指定されています。

YOKAT DEPARTURE経由MARCOへ向かう出発経路

YOKAT DEPARTUREは福岡空港を北向き(RWY34)で離陸した場合は、離陸後右旋回を2回して大分県日田市付近のYOKATというウェイポイントを目指します。

空港を南向き(RWY16)に離陸した場合は、そのまま直進してから左に旋回し、やはりYOKATに向かいます。

その後、大分県の国東半島を通過するように瀬戸内海を横断して山口県のMARCOを目指すのです。

福岡空港からの標準出発方式(SID)はMARCOまでで、その先は巡航経路に移るわけですが、MARCO通過後はいずれにせよ中国地方を横断して日本海側へと向かいます

後は目的地に向けて北上するといった具合です。

②羽田、成田、中部(セントレア)ほか東方面へはYOKAT DEPARTUREから方面別にTRANSITIONが異なる

お次は羽田、成田、中部国際空港の各目的地や、その他東方面に向かう際の出発経路です。

こちらも先ほどと同じくYOKAT DEPARTURE経由になるのですが、YOKATから先の経路が先ほどと違います。

実はYOKAT以降の経路は転移経路(トランジション)と呼ばれるのですが、このように同じYOKAT DEPARTUREという標準出発方式であっても、トランジションを変えることでその先の目的地方面も変わるのです。

YOKAT DEPARTURE経由で各TRANSITIONへ向かう出発経路

少し分かりづらいですが、YOKAT以降はMATSUYAMA、SALTY、YANKS、SPIDE、SABARの5か所に向かうトランジション(先ほどのMARCOを含めると6か所)があり、YANKS(徳島県上空)以外は愛媛県上のポイントです。

いずれにしてもYOKAT以降ほぼ真東に針路を取り、大分県から四国上空へ向かうトランジションまでが出発経路に含まれているのです。

それぞれのトランジションと目的地との対応関係は以下のとおりです。

①MATSUYAMA TRANSITION:中部国際空港、松本空港。中部国際空港へはMATSUYAMA以後はやや針路を南東方向にとって、紀伊半島を和歌山県上空あたりで横断するルートへと続く。松本空港へはMATSUYAMA以後、真東に高松、奈良県上空、愛知県知多半島と進み、中部国際空港上空のポイントから北東に針路を取って松本へ向かう。

②SALTY TRANSITION:関西国際空港。SALTYからはほぼ真東に徳島付近上空のBERTHというウェイポイントへ進み、関西空港の到着経路に接続する。

③YANKS TRANSITION:羽田空港、静岡空港。YANKSは徳島市付近上空のポイント。そのまま東に紀伊半島を奈良県上空を通過するように通り、愛知県、静岡県の海岸線沿いを東京の大島へ向けて飛行する。

④SPIDE TRANSITION:伊丹空港。以後は先ほどの関西空港へ至るルートよりもやや南寄りをほぼ真東に進む。紀伊半島に入ったところで針路を北寄りに向け、大阪上空を伊丹空港に向かって飛行する。

⑤SABAR TRANSITION:成田空港。以降は東へ進むが、高知の室戸半島、紀伊半島先端の串本町をかすめるように太平洋沖に出て、房総半島へ向かう。

ちょっとややこしいですが、いずれも四国、紀伊半島の上空を通過するルートに接続していますね。

③南西諸島方面、東南アジアなど南方へはMORIO DEPARTURE経由

続いては福岡空港から南、沖縄など南西諸島方面や東南アジアに向かう場合です。

この方面の出発経路にはMORIO DEPARTUREがあります。

MORIO DEPARTUREの経路図

福岡空港を離陸後南へ向かい、熊本県に入ったあたりで二手に分岐しています。

分岐してKUMAMOTO(熊本空港上空)へ向かうのは宮崎行きの飛行機、KAGOSHIMA(鹿児島空港上空)へ向かうのは、それ以外の沖縄、南西諸島、東南アジア行きの便です。

④上海など真西方面へはKURUME DEPARTURE経由

さらに続いて今度は真西へ向かう便ですが、こちらはKURUME DEPARTUREになります。

KURUME DEPARTUREの経路図

こちらも福岡空港を離陸後、一旦南方面へ向かった後、SAGA(佐賀空港上空)を目指します。

その後は長崎空港をかすめるように五島列島の福江に繋がり、そのさらに西は中国の上海に至る経路になっています。

⑤韓国方面へはHAKATA DAPARTURE経由

最後は韓国方面に向かう飛行機ですが、こちらはHAKATA DEPARTUREを経由します。

HAKATA DEPARTUREの経路図

先ほどまでは福岡空港を離陸後、まずは空港の南側のポイントを目指していましたが、今度は北側のポイント(志賀島に繋がる砂州の上空)を目指します。

福岡県のすぐ北側が韓国ですから、韓国へはここから対馬を通ってさらに北上するというわけです。

 

以上が福岡空港からの各目的地別の出発経路になります。

終わりに

いかがでしたか?

少々複雑であったかもしれませんが、福岡空港からの出発経路について全体のイメージを掴んでいただけたらと思います。

全体的に福岡空港の出発経路は、韓国方面を除いてまずは空港の南側にあるウェイポイントを目指し、そこから各方面に向かって散らばっていくのが特徴であるように思います。

実は反対に、福岡空港に到着する飛行機は空港の北側にあるポイントに集まってくるような経路構成になっているのですが、おそらくは出発と到着で経路が被らないように配慮されているのだと思います。

福岡空港への到着経路については以下の記事で紹介していますので、併せてごらんになってみてください。

福岡空港への到着(着陸)経路をマスターしよう!~飛行機のルートは予め決まっています~飛行機が目的地空港へ到着する際、どのような経路を辿るかご存知でしょうか?実は飛行経路は予め決まっていて、路線ごとに経路の流れを大別することができるのです。今回は福岡空港への到着ルートについて詳しく解説します。...

以上!

羽田空港からの出発経路をマスターしよう!~飛行機のルートは予め決まっています~こんにちは。ころすけです。 飛行機に乗る時、目的地までどのようなルートで飛んでいくのか気になりますよね? 国内であれば日本海...
中部国際空港・セントレアからの出発経路をマスターしよう!~飛行機のルートは予め決まっています~こんにちは。ころすけです。 飛行機に乗る時、目的地までどのようなルートで飛んでいくのか気になりますよね? 国内であれば日本海...
伊丹空港からの出発経路をマスターしよう!~飛行機のルートは予め決まっています~こんにちは。ころすけです。 飛行機に乗る時、目的地までどのような経路(ルート)で飛んでいくのか気になりますよね? 国内であれ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です