雑記

ジョギングは都会よりもちょい田舎が気持ちいい!

こんにちは。ころすけです。

最近ちょっと体型が・・・ってことで時々ジョギングをしています!

元々走るのは結構好きで、週に2、3回、6kmぐらい走るのを継続していたんですけどね。

ここ半年と数か月、仕事やらで乗り気じゃなくて、ちょっとサボってたんです。

仕事とか今の状況だと、週1回、良くて2回が限度かなってのと、サボってた罪悪感もあって、再開後は毎回10km走るようにしています。

普段は某都会にいますので街中を走ってるんですが、今、帰省中ということで、地元(都会とは言えないちょい田舎)でもコースを決めて走ってきました

感想は・・・

とっても走りやすくて気持ちがいい!

なぜちょい田舎だと気持ちが良いと感じたのかまとめてみました。

信号がない道を選べるのがすごくいい!

普段住んでるところだと信号は避けて通れないので。

信号なしで選ぼうとすると、同じところをぐるぐる周るようなコースしか取れなくて面白くないし。

その点、人気がほどほどの地元では適当にコースを選んでも信号はほとんどないのでいいですね。

信号があるとペースが保てなくて疲れちゃいますし、気分的にも邪魔された気持ちになってしまうので。

歩行者が少なくて道が広いのがすごくいい!

都会は歩行者も多いですからね。ところどころ避けながら走るのが基本で気を遣う

改めて考えると、それって結構ストレスフルなんですよね。

体型維持の目的のほかに、ストレス解消の目的もあるので、あまり周囲を気にせずに走れるのは気持ち的にとてもよいです。

道が比較的広いってのも重要ですね。

都会の今自分が住んでいるあたりは、割に道が狭くて走りづらいところがいくつかあるんです。

カードレールに手が当たりそうになったり、縁石が近いところにあったり。

その点、地元の道は歩道も広いところが多いので、これもまた走りやすい要素の一つ。

適度に建物とか目標があるのがすごくいい!

基本的に広々としているのは良い点が多いのですが、あんまり田舎過ぎると先が見えすぎちゃって、走っても走っても景色が変わらないから苦しく感じちゃうし、つまらない。

コンビニとか公園とか、次に目指す目標が適度に視界に入ってくると、「とりあえずあそこまでがんばろう!」って気持ちを維持できるので、これもまた非常に良いですね。


結局、普段よりも体力的にも気持ち的にも余裕をもって走り終えることができましたね
タイムもいつもより若干早めでした!

多分一つ一つは些細な違いなんでしょうけどね。

やっぱり何をやるにも、どこでやるかとか環境も結構影響があるんだなと思いましたね。
いい発見ができました!


では!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です