旅日記-海外編-

アテネ観光(ギリシャ)~パルテノン神殿の丘と大陸の大地!~

旅日記とは?

ちょっと前から最近に至るまで、これまでに訪れた旅先を紹介します!
注. ただ僕の体験と行ったスポットを紹介するだけなんで参考になるとは限らない

今回の旅先: アテネ(ギリシャ)
旅の時期: 2012年 

ギリシャには夏の地中海に憧れて訪問しました。

そう!ギリシャは地中海性気候と言って、日本のようにジメジメ湿気のある夏ではないんです!

真夏ということもあって暑かった!けどすがすがしい暑さだった!

滞在中はアテネのほか地中海の島にも行きましたが、まずは首都であるアテネをご紹介します!

アテネは大陸にあり!

こちらはアテネ空港に降り立つ前の一コマ。

ちょっと分かりづらいですけれど、降りるときの景色を見て最初に思ったのが

「ギリシャって大陸なんだなぁ・・・」

明らかに日本の急峻な森だとか山だとかとは違う、スケールのでかい丘が眼下に見えていたのです。

海外って、こうして日本で見ることができない自然の風景を目撃すると結構わくわくするんですよね。

空港から市街地へ向かう電車からの風景。

こういうのを台地って言うんだと見て納得できますよね。

ギリシャって地中海と島のイメージが強かったんで、この風景を見た時はいい意味で驚きでしたね。

王道!パルテノン神殿

アテネと言えばやっぱりこれでしょう。

実を言うと、行く前はほぼこれしか知らなかったりする

それがこちら

でん!工事中!

いやそれが良いのです。ガイドブックではきれいな写真しか写ってないですからね。

こういうリアルな姿を目撃してこそ現地に来た甲斐があったと言えるのではないでしょうか?

柱の中央がやや太くなっていて、強度を持っているのが遠目でも分りますね。エンタシスと言うそうですよ(ドラクエのモンスターにエンタシスマンってのがいた気がするが、これのことか!)。

こんな感じで、下はごつごつしてますけど結構広い場所にそびえ立っています。

天気も良かったし、神殿自体ももちろん想像以上に感動ものでしたけど、それに劣らず印象的だったのが丘から見渡す景色の雄大さですね。

古代ギリシャ人がこのような小高い丘(アクロポリス)に神聖さを見出したのも分かるような気がします。

こちら↑はアゴラと呼ばれる当時の人たちが集まる広場のような場所の遺跡。神殿のふもとにあります。

古代ギリシャは民主主義ですから、市民同士が言葉を交わし合う場はさぞ重要だったに違いない。

ちょっとした知識をもって見るだけでも、全然感じられるものが違いますよね。

 

近くには博物館もあります。こういうのももっと知識があったら興味深いんだろうと思いますが、そこまでのレベルではないのが残念。

ちょっと丘の下から見上げるパルテノン神殿。自然と建造物のコントラストが美しい!

アテネの絶景!リカヴィトスの丘。

先ほどのパルテノン神殿からほど近いところに、リカヴィトスという丘があります。

こちらも非常に良いスポットだったのでご紹介。

パルテノン神殿との位置関係はこんな感じ。歩いても行けますね。

丘のふもとにケーブルカー乗り場があるんですが、この駅が非常に分かりづらい!

なんか住宅街をどんどん奥に進んで行って、最奥にある売店みたいな建物がそれです。

事前にストリートビューなんかで外観を見ておくといいかも。

こんな感じの乗り物に乗って頂上まで行きます。別ルートでも行けるのかな?忘れました。

こちらが丘の上からの景色。

どうでしょうか?大地を感じさせる台地が雄大に見えませんか?

これも写真じゃなかなか伝わらないと思うんですよね。だからこそ紹介する価値あり!ぜひ現地へどうぞ!

 先ほどいた神殿の丘が眼下に見えます。

実は逆にさっきのパルテノン神殿からの景色にもこのリカヴィトスの丘が見えていたんですよ!

気になる方は戻ってチェック!

丘の上にはポツンと協会がありました。かわいらしい形してますね。

アテネの街並みあれこれ

アテネの街並みはわいわい、がやがやとにぎやかな感じというよりは少し物寂し気な雰囲気が印象的でした。ちょうど経済が破綻(ギリシャショック)する前だったからかな?

けれど、どこかのどかな平和な雰囲気を僕は感じましたよ。

ギリシャの国会。整った清潔な外観が印象的ですね。

門前では衛兵さんが演舞(?)を披露してくれてました。

 

アテネ市内には地下鉄トラムと両方走ってましたね。パルテノン神殿前とかメインのラインは地下鉄のようだった気がする。

こちら↑はトラム。

僕が訪問した時はまだ線も少なかったようですが、今はもっと増えて延伸してるかもしれませんね。

国会前の信号機にて。信号の感じは日本と似ている?

小道に入っていくとオープンテラスのレストランが並びます。

ちょっとした広場。コンパクトな中に開放感があって素敵です。

島への拠点!ピレウス港  

ギリシャを訪れるのであればアテネはもちろん、地中海の島々に足を伸ばす方が多いと思います。

アテネ近郊のピレウスは船旅の始まりでもあり、終わりにもなるであろう港街

僕もここから次の目的地、サントリーニに向けて船に乗りました。

アテネ市街からは地下鉄で行けます。所要は20分ぐらい。

ピレウスは終点なので間違えることはなさそうですね。

さあ港に着きました!ほとんど通過点だったから画像があまりなかった・・・

でも、多くの人が通るであろう港だから、ギリシャに行くならピレウスの名前は覚えておいても損はないと思いますよ!

まとめ

アテネの周りは思った以上に大陸だった!

パルテノン神殿は工事中だった!だがそれも良かった!

リカヴィトスの丘で大地(台地)を感じた!

アテネの街は物寂し気だけど平和な雰囲気だった!

ピレウス=船旅の始まり!ギリシャの旅はここから再出発!

またの機会に今度は同時期に訪れたギリシャの島、サントリーニ島とロドス島を紹介します。

では!

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です